虫歯を放置すると・・・おそろしい結果になる

子供の頃は、虫歯になったらすぐに歯医者に行っていました。

 

でも、社会人になるとどうしても時間が取れなかったりして、なかなか歯医者さんに行けない場合も多いですよね。

 

また、歯の痛みが無くなったからと言って治療が全部終わらない内に歯医者に通わなくなったりしていませんか?

 

 

こう言う風に虫歯を放置したり、歯の治療を途中で止めてしまうことは、実はとっても危険な行為ですよ。

 

虫歯を放置すると、死亡のリスクがある様な重大な病気になる危険もあるそうです。

 

 

虫歯を放置すると、どんな病気になるでしょうか。

 

たとえば、骨髄縁です。

 

虫歯を放置した末に神経が死んでしまうと虫歯はアゴの骨にまで進行します。

 

じき、炎症を起こし歯茎や歯肉から出血したり化膿したりするでしょう。

 

さらに虫歯が進行すると、アゴの骨髄にまで虫歯菌が感染するそうです。

 

そして、骨髄縁を起こします。

 

 

骨髄縁は、高熱や嘔吐、全身の倦怠感などの症状が続きます。

 

治療が遅れると、骨が壊死することもある危険な病気です。
手術の末、後遺症が残ることもありえるんですよ。

 

骨髄炎が進行すると、敗血症になることもあります。

 

虫歯菌が血液にのり体中に運ばれます。

 

普通は、免疫機能によって大事には至りません。

 

でも、虫歯の治療を行わず虫歯菌が血流に乗って全身を巡る事が長期間続くと、敗血症を発生することがありえます。

 

多臓器不全を引き起こすと、死亡することもある怖い病気です。

 

虫歯菌が血流にのって全身を巡ると、心筋梗塞のリスクも高くなります。

 

虫歯菌が心臓に入ると、動脈硬化を進行させます。

 

狭心症になったり、心筋組織が壊死し心筋梗塞を起こすこともあります。

 

突然死の原因ですので、とても怖い病気です。

 

 

虫歯菌が血流に乗らなくても、肺炎になることもあります。

 

虫歯菌の入った唾液などを誤嚥する「誤嚥性肺炎」です。

 

肺炎は、体力の低下した人や高齢者にとっては命に関わる病気です。

 

 

虫歯を放置すると怖い病気に罹るリスクがあることが判りました。

 

虫歯の痛みを放置すると、虫歯はどんどん進行し、神経まで達します。

 

それでも放置すると、激痛を伴ったり高熱や吐き気などの歯とは関係ないと思われる症状が出てきたりします。

 

口内では、膿が溜まったり出血したりします。

 

口臭がきつくなる特徴もありますね。

 

それでも放置すると、先ほど紹介したような死亡リスクのある病気を引き起こす可能性があります。

 

 

虫歯が出来たと思ったら放置することなく早めに治療しましょう。

 

また、虫歯が出来ない様に日々の口内ケアを心がけましょう。