虫歯の進行具合での痛みや治療方法について

虫歯のことを「カリエス」と言います。

 

歯医者ではこの言葉の頭文字である「C」が虫歯を意味します。

 

4つの段階C1,C2、C3、C4で進行状態を区分しています。

 

学校の虫歯検診で、
「C1,C1,C2・・・」
などと言われていませんでしたか?

 

それは、虫歯の進行状態をチェックしていたんです。

 

 

 

口を開けた時に見える歯の上部を、歯冠と言います。

 

その歯冠の下部の歯茎に埋まっている部分が歯根部です。

 

 

歯の上部は「エナメル質」と呼ばれ、人間の組織の中で一番固いものです。

 

歯が一番固い部分なんですよ。

 

 

その内側に「象牙質」。さらに内側が神経と血管がある「歯髄」です。

 

 

C1は、初期の段階で虫歯がエナメル質の限定されている段階です。

 

歯の上部に黒い小さな穴が見えます。

 

この状態の時は、自覚症状はほとんどなく、気づかない場合が多いです。

 

 

この時期に治療をすれば麻酔も使う必要もないことが多いです。

 

黒い部分を削るだけの簡単な治療で、完治することができます。

 

 

象牙質まで進行した「C2」の段階では自覚症状が、はっきりと現れます。

 

熱いものや冷たいものを食べたり飲んだりすると歯にしみたりします。

 

耐えられないほどではない軽い痛みが続いたり、ふとした時に違和感を感じたりします。

 

この段階になると治療は、麻酔を使用することが多くなります。

 

黒い部分を削り、詰め物で塞いだりします。

 

 

「C3」になると、歯髄まで進行しています。

 

神経が通っている歯髄まで入り込んでいるので噛むと激しい痛みがでたりします。

 

さらに、ズキズキとした痛さを感じたりします。

 

 

この状態になると治療も長引く傾向にあります。

 

歯髄の感染も起こしているので、歯根の治療も必要になります。

 

 

神経を除去して、歯髄を削り、膿などをきれいに取り除きます。
さらに、消毒し、薬剤を詰める治療を行います。

 

 

「C4」になると歯冠が崩壊してしまいます。
歯髄が死んだ状態になっています。

 

かなり、長期にわたって虫歯を放置しないと、この状態にはなりません。

 

 

残っているのは歯根だけになっています。
痛みもある場合と、神経が死滅して痛みすら感じない場合もあります。

 

治療は、かなり困難なものになります。
根の状態にもよりますが、歯根の治療をするケースと抜歯のどちらかになります。

 

場合によっては歯茎しのものにダメージが及び、抜歯後に人工の歯根であるインプラントなどを埋め込む手術が必要なこともあります。

 

 

実は、この段階以外にCOという段階があります。

 

虫歯の初期の段階です。

 

エナメル質が、少しだけ溶けた状態です。

 

肉眼で見て、白く濁ったり溝が茶色になっているものです。

 

 

自覚はなく歯の検診などで見つかるものです。

 

歯磨きを入念に行ったりケアなどで、フッ素の塗布で完治させることができます。

 

 

このように進行により、虫歯の症状は違ってきます。

 

 

早い段階で、虫歯を発見し治療することが望ましいです。

 

早期のCOの段階で、見つけるためにも日頃の歯のケアや検診を受けることが大切です。

 

口内に虫歯菌(ミュータンス菌)を増殖させないことも大事です。

 

ミュータンス菌を除去できるBLIS M18(ブリス菌)を活用していきましょう。