重曹を使った虫歯ケアって、どんな方法?

家事上手の人が良く使っている「重曹」。

 

パンケーキを作る時に使ったり、またはお掃除の時に使ったりと、かなり便利ですよね。

 

この重曹、お口の掃除にも使えると聞きました。

 

虫歯も治るなんて聞きます。

 

重曹が虫歯を治すなんて本当なのでしょうか?

 

 

 

重曹を溶いた水でうがいをすることで、虫歯予防につながります。

 

口の中は、本来弱アルカリ性です。

 

でも、食事をすると口の中は酸性になります。

 

食事の後、しばらく放置すると、唾液などの作用で口は、弱アルカリ性に戻っていきます。

 

でも、口の中が酸性の状態のまま続くと虫歯になりやすい環境になってしまいます。

 

 

虫歯の原因である虫歯菌・ミュータンス菌は、口内が弱アルカリ性だと繁殖が難しくなります。

 

また、虫歯菌によって溶かされた歯は、唾液によって再石灰化されています。
ですが、弱アルカリ性の環境だと再石灰化しやすいんです。

 

 

重曹自体が、歯の再石灰化を行ったり虫歯菌を抑制したりする訳ではありません。

 

ですが、重曹によって口内が弱アルカリ性になることで、再石灰化や虫歯菌の増殖を抑制したりすると言うことなんですね。

 

 

ただ、重曹が歯の再石灰化を活性化するとはいえ、治せる虫歯は初期の初期、色も変わっていない虫歯のみと言われています。

 

歯医者さんの観点からだと、虫歯予防としては重曹を利用するよりフッ素を使った方が効果を期待できるそうですよ。

 

 

虫歯予防の点では重曹よりフッ素の方が良いみたいですが、重曹には、他にも効果があります。

 

 

たとえば、口臭を防ぐ効果。

 

口臭は、口内で細菌が繁殖してしまっていることが原因の場合があります。
その場合、重曹によって細菌の繁殖しにくい環境に整えることで、口臭を防ぐことが出来るんですね。

 

 

それと、歯周病予防効果です。

 

歯と歯の間、奥歯の裏など、歯磨きで磨き難い場所も、重曹水でうがいすることで菌の繁殖を防ぎ歯周病を予防することができます。

 

 

また、重曹には研磨剤としての効果もあるので、歯のホワイトニングとして使うこともできます。

 

 

重曹うがいを行う時の、重曹水の作り方をお知らせしますね。

 

食用または医療用の重曹を使います。

 

工業用重曹は、使わないで下さいね!

 

コップに小さじ1杯(3gくらい)を入れ、500mlの水かお湯で溶かします。

 

熱すぎると唾液の酵素の効果が消えてしまうそうなので、40度程度のお湯にして下さいね。

 

 

重曹うがいをする時は、ガラガラうがいではなく、クチュクチュうがいをして下さい。

 

1回30秒くらいでかまいません。

 

飲んだりしないで下さいね。

 

 

重曹は、このように虫歯予防に使用することができます。

 

しかし、重曹だけで虫歯を治すことは難しいでしょう。

 

虫歯になったのなら、必ず歯医者で治療を行ってくださいね。

 

重曹は、あくまでも虫歯予防として使用していきましょう。