キシリトールで虫歯予防になるのはなぜ?だってガムでしょ?

ある時期から、急に
「キシリトールガムは、歯に良い!」
と言うCMが流れ始めましたね。

 

今は、一般的になったキシリトール入りガムも、当時は斬新でした。

 

 

キシリトールは、甘味炭水化物といいます。

 

薬の様な名前ですが、野菜や果物の中に含まれている自然由来の成分なんですよ。

 

 

キシリトールは、ガムで有名になる前から、点滴剤として使われていました。

 

虫歯予防として使う場合も、1日10g程度で良いんです。
身体に害のある様な成分ではありません。

 

 

糖分、つまり甘いものは、虫歯の原因になることが多いですよね。

 

でも、虫歯の原因にならない甘味料は、けっこう多く存在するんです。

 

その代表格が「キシリトール」です。

 

 

キシリトールは、虫歯の原因にならないだけではないんです。

 

虫歯の発生や進行を抑える効果があります。

 

 

虫歯の原因にならない甘味料は多く存在しますが、虫歯の進行を抑える甘味料はキシリトールだけなんですよ。

 

 

どうして虫歯の進行を抑えることが出来るのか、見てみましょう。

 

 

キシリトールが虫歯予防になる理由とは?

 

キシリトールは、甘味料なので口に入れると味覚が刺激されます。

 

唾液の分泌が促進されるのですね。

 

キシリトールがガムに配合されていれば、咀嚼するので唾液の分泌は、もっと促されます。

 

唾液が多く分泌されることで、歯の再石灰化が促進されます。

 

また、キシリトールとカルシウムの複合体は、歯を硬くする効果があります。

 

 

口内菌は、色々な糖から酸を発生させます。

 

でも、キシリトールは口内菌によって酸を発生させることはありません。

 

キシリトールは、酸を作らないだけではなく、口内で酸を中和することができます。

 

 

キシリトールは、虫歯菌であるミュータンス菌に、面白い影響を与えます。

 

糖であるキシリトールは、ミュータンス菌に取り込まれます。

 

ミュータンス菌は、糖をエサにしていますから。

 

でも、ミュータンス菌に取り込まれたキシリトールは、キシリトール5リン酸と言う成分に変わります。

 

ミュータンス菌の代謝阻害を引き起こします。

 

これにより、ミュータンス菌は酸を生産することができなくなり、菌自体の数も減少します。

 

 

ミュータンス菌の中には、キシリトールを取り込んでも代謝阻害を引き起こさない菌もいます。

 

ですが、この菌は割合が少ない上に、酸の生産が少ないそうです。

 

虫歯になりにくい、ミュータンス菌と言えます。

 

 

キシリトールを摂取し続けることで、酸を作るミュータンス菌が減っていき、酸を造りにくいミュータンス菌だけが残っていくそうです。

 

 

こうして、ミュータンス菌による虫歯の発生を防いでくれます。

 

 

キシリトールが効果を発揮するのは、ガムやタブレットの場合になります。

 

ケーキやジュースに、キシリトールが入っていてもあまり効果がないとか。

 

 

だから、キチンと歯磨きをして虫歯予防としてキシリトールガムを噛むと虫歯予防には、とても効果が期待できるんですね。

 

ただし、完璧に虫歯菌を除去することはできません。

 

 

虫歯菌を除去するには、「BLSI M18」が必要になります。
「BLSI M18」が使用されているブリアン歯磨き粉を使用するのがおすすめです。

 

 

キシリトールとブリアン歯磨き粉で、デンタルケアを行いましょう。