子どもの歯の治療は大変!だったら虫歯にならないように予防しよう!

子どもにとって歯医者さんは、とっても怖い存在です。

 

歯医者さんに行くと分かっただけで、多くの子が泣き叫んでしまったりします。

 

歯医者さんに連れて行くだけでも大変です。
治療しているときも、痛いし怖いしで、親子で大変になってしまいます。

 

 

歯医者さんに行く目的と言えば、ほとんどの場合、虫歯の治療ですよね。

 

 

子どもに歯の治療が必要にならなければ、歯医者さんに行くことはほとんどなくなります。

 

 

そこで今回は、虫歯の予防方法について詳しくお話をしていきます。

 

歯医者で子ども、親も大変な思いをするよりも、虫歯にならないように予防しましょう。

 

 

 

まず、虫歯の仕組みをお話します。

 

 

簡単に言うと虫歯は、歯が酸によって溶かされる病気のことです。

 

 

歯は、とても硬い物資でできているのですが、酸によって溶けてしまいます。

 

 

また、食べ物に含まれている糖分や汚れも原因の一つです。

 

糖分は、お菓子や飲み物だけに含まれているのではなく、母親からの母乳やミルクや牛乳にも糖分が含まれているのです。

 

その糖分や食べ物の食べカスなどは、歯垢を作り出してしまいます。

 

その歯垢に生息するのが虫歯菌と呼ばれているミュータンス菌なのです。

 

 

ミュータンス菌は、こと糖分を利用して歯を溶かしてしまう酸を作りだしているのです。
つまり、ミュータンス菌は糖分や歯垢をエサにしています。

 

 

 

では、どうやったらミュータンス菌などから歯を守り、予防することができるのでしょうか?

 

まず、大切なのが歯を磨くことが大切です。

 

でも、歯磨きだけでは完璧に予防することはできないのです。

 

残念ながら、ミュータンス菌を完全に排除することは難しいんです。

 

 

一度、虫歯菌に感染してしまうと、取り除くことは難しいです。

 

 

歯磨き粉や、フッ素では、完全に排除できません。
あくまでも、虫歯菌の働きを抑制するにすぎないんです。

 

 

何が大切なのかと言いますと、普段の生活習慣を改善していくことが大切です。

 

口内のミュータンス菌と糖分を減少させることができれば虫歯になりにくくなります。

 

ミュータンス菌と糖分を減らすためには、次にことに注意して下さい。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、ミュータンス菌はいないのです。

 

どこから感染してくるのかと言うと、ほとんどの場合、大人からの感染です。

 

 

赤ちゃんのときにミュータンス菌の感染に気をつけていれば、それが子どもの予防につながってくるのです。

 

ミュータンス菌は唾液によって感染してしまうので、大人が使ったスプーンなどで赤ちゃんに食べ物を食べさせない、赤ちゃんにキスなどをしないなどに注意することによって感染のリスクを抑えることができるのです。

 

 

また、毎日の歯磨きをしっかりやることも大切です。

 

このときに、ミュータンス菌を排除できる働きをもつBLIS M18(ブリス菌)を使用すると効果的です。
BLIS M18(ブリス菌)を使用している歯磨き粉は、現時点で「ブリアン」しかありません。

 

詳細は、【】を読んで下さいね。

 

 

糖分の摂取の仕方や量を見直すことも大切です。

 

また、定期的に歯科検診をすることも大切です。

 

 

風邪やケガと違って、一度虫歯になってしまったらもう元に戻すことはできないのです。

 

虫歯は子どもの歯並びに影響を与えます。
骨格を作っている発達段階の子どもに外見などでも悪影響になることもある歯のケアには、本当に気をつけてあげて下さい。