えっ?正露丸で虫歯痛が治るの??

ある日突然、歯が痛み出したら、どうしますか?

 

突然、痛くなると言うことも少ないかもしれませんね。

 

ちょっと歯が痛いなと思っていたが、仕事が忙しかったり時間がなかったりして歯医者に行かないまま放置していた。
少しずつ傷みが強くなるけど、我慢していた。

 

でも、もう我慢できないくらい痛くなってしまった!

 

 

そんなシチュエーションですね。

 

だいたい、こう言う時は、夜中だったりして、すぐに歯医者に行けなかったりします。

 

 

とりあえず眠って翌日歯医者に行こう。

 

そう思っても、歯が痛くて眠れない!

 

 

こんなことは、起こりうるんじゃないでしょうか。
経験したことがある人も多いと思います。

 

 

こんな時、一番多いのは、バファリンやロキソニンのような鎮痛剤を飲むことです。
一時しのぎではありますが、痛みを取ってくれる方法ではないではないでしょうか。

 

 

頭痛薬を飲むほかにも、歯痛の対処方法の噂を聞いたことがあります。

 

 

 

「正露丸で、歯痛が治る。」
と聞いたことは、ありませんか?

 

 

あの、下痢などの時に飲む正露丸が、歯の痛みに効くと言うんです。

 

 

実は、正露丸のパッケージにはちゃんと「歯痛に効く」と記されているんですよね。

 

でも、使い方は通常とは違うんです。

 

飲んじゃダメなんです。

 

 

歯の痛みを抑えたい時は、痛い歯に1個〜半分くらいの正露丸を詰めるんです。

 

・・・なんか、ますます痛くなりそうな感じですが。

 

でも、一応これで歯の痛みが治まるそうですよ。

 

 

正露丸の主成分である「日局木(もく)クレオソート」は鎮痛鎮静の効果があります。
また強い殺菌作用があるので、一時的に歯の痛みを消してくれると言うことですね。

 

 

でも、注意点があります。

 

正露丸を詰めたまま放置しては、いけないんですよ。

 

 

傷みが引いたら、詰めた正露丸は、取り除かないといけません。

 

まぁ、匂いの強い正露丸をずっと口に入れっぱなしにする人も多くないとは思いますが。

 

 

でも、正露丸の注意書きに書いてあるくらいなので、我慢してずっと歯に詰めたままにするのは止めましょう。

 

 

それに、正露丸が傷みをとるのは一時的です。

 

だから、なるべく早く歯医者に行ってください。

 

 

もう一つ、注意点があります。

 

正露丸は、元々匂いがキツイ薬ですよね。

 

最近は、その匂いを抑える「正露丸糖衣」が発売されています。

 

この「正露丸糖衣」では、歯痛は治まりませんよ。

 

成分が糖で包まれているので、歯に詰めてもムダになります。

 

歯痛を治す場合は、「正露丸」を使って下さいね。

 

 

ただ、傷みを一時的に抑えてくれるだけで虫歯を治してくれるわけではありません。
それに、正露丸の独特の匂いがずっと口の中にこもっているのも嫌ですよね。

 

一時の痛み止めとして使って、早く歯医者に行ってくださいね。