歯医者に行くと治療費は、いくらかかるの?

虫歯で歯医者に通院して治療する場合、治療費はどの程度かかるのか気になりますよね。

 

 

治療方法や、虫歯の状態によって治療費は変わってきます。

 

虫歯の治療費について、おおまかですが紹介しますね。

 

 

歯科治療には、健康保険が効く治療と、健康保険適応外の私費(自由診療)があります。

 

 

健康保険が適応されるケースでは、老人を除き通常総点数の3割が自己負担になります。

 

また、自治体によっての特例などにより負担額は変わってきます。
しかし、だいたい3割が自己負担といえます。
(高齢者の場合は70歳以上2割,80歳以上1割)。

 

 

虫歯治療などの保険診療では、細かく治療内容毎に点数が決められています。

 

ですので、どこで治療を受けても、ほぼ同じ程度の金額になります。

 

ただし、医院によって施設基準などの加算点数があります。
そこに違いがあります。

 

初診料なども、病院によって変わってきます。

 

それらを除外して3割負担で説明します。

 

 

 

最初の初診時に初診料約700円、再診時は約150円ほど掛かります。

 

小さいX線写真撮影は1枚約150円。

 

白いプラスチックのようなコンポジットレジンで虫歯を埋めますと、面数などで異なりますが約600〜1000円程度。

 

虫歯が大きいときは冠を被せますが、臼歯金属冠一本あたり約2700〜5500円前後。
前歯の硬質レジン前装冠1本当たり約6500〜7000円程度です。

 

歯の欠損がある場合のブリッジになりますと、前記のものに本数を掛けたものよりも、少し多めに掛かります。

 

 

ただし、あくまで目安と思って下さい。

 

 

正確な、金額は歯医者で治療前に確認するのがいいでしょう。

 

 

 

虫歯で歯を一定数喪失した場合の義歯は、部分義歯は欠損数で異なります。
使用する材質などで、点数の幅が大きいのですが、約3000〜12000円程度でしょう。

 

 

非常に細分化されていて、たくさんの点数の総合として総点数が決まりますので計算が複雑ですが、PCを使うので簡単に算出されます。

 

 

それ以外にも、月1回の管理料や指導料などもあります。

 

ですので、正確な数字は医院のPC上でないと分かりませんが、小さな数字の違いはあっても大きな違いは発生しません。

 

 

ここまでが一般的な虫歯の治療費です。

 

 

 

これ以外にも歯科治療には、私費(自由診療)のものがあります。

 

セラミック冠、インプラント、矯正、チタン金属床義歯、アタッチメント義歯、ホワイトニングなどがあります。

 

自由診療なので、歯科医院毎に異なる規定料金があります。

 

歯医者によって、金額が異なりますから、治療前にかならず金額の確認は行ってくださいね。

 

 

 

虫歯の治療は、決して安くありません。

 

保険診療においても、同じです。

 

 

治療費に加え、痛みや通院などの負担もかかります。

 

 

ですから、やはり普段から虫歯にならないようにケアを心がけていきましょう。