ブリアン歯磨き粉に使われている「BLSI M18」ってなに?虫歯菌に効果あり?!

毎日の食事は、人生の楽しみの一つでもありますよね。

 

でも、1箇所でも虫歯が出来てしまうと、そんな食事も楽しめなかったりします。

 

毎日キチンと磨いているはずなのに、虫歯ができてしまうことありますよね。

 

 

虫歯の原因である虫歯菌には、種類がたくさんあります。

 

中でも代表的な虫歯菌は、ミュータンス菌といいます。

 

 

「生まれたばかりの赤ちゃんには、虫歯菌がいないんだよ。」

 

こんな台詞を聞いたことがないでしょうか?

 

本当に、生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌・ミュータンス菌は存在しません。

 

 

では、なぜ虫歯になってしまうんでしょう?

 

 

ミュータンス菌は、基本的には親や周りの大人たちから赤ちゃんへ移ります。

 

 

キスをしたり、大人が使ったスプーンや箸を使って赤ちゃんに食べ物をあげたり・・・。

 

そうすることで、一緒にミュータンス菌も移ってしまうんです。

 

唾液による感染ですね。

 

 

一度口に入ったミュータンス菌は、もう完全に取り除くことが難しくなります。

 

そして、歯垢などをエサにして、ミュータンス菌が増えていきます。

 

虫歯菌が増え、虫歯になってしまうんですね。

 

 

虫歯の予防には、フッ素やキシリトールが良いと聞いたことないでしょうか?

 

フッ素もキシリトールも、ミュータンス菌の働きを抑える効果があります。
ただし、完全に除去することはできません。

 

 

虫歯菌(ミュータンス菌)を除去する成分もあります。

 

乳酸菌を使った虫歯除去成分もあります。

 

「BLSI M18(ブリス菌)」というものです。

 

ニュージーランドで研究開発されている成分になります。

 

口内の唾液から採取したバクテリア抑制微生物です。

 

元々唾液の中に存在する「唾液連鎖球菌」と言う乳酸菌をフリーズドライしています。

 

 

虫歯になりにくい人っていますよね?

 

 

子どものころにも、友達で絶対に虫歯にならない子っていました。

 

BLSI M18は、世界の2%の子どもしかもっていないとも言われています。

 

 

難しい名前ですが、乳酸菌なら昔から食品にも使われています。
安全性に問題はありません。

 

BLSI M18は、口内に住みついたミュータンス菌の増殖を抑えてくれます。

 

また、ミュータンス菌のエサとなる歯垢(プラーク)の除去もしてくれます。

 

しかも、BLSI M18は粒子がとても細かいです。

 

ですので、歯ブラシの届き難い歯と歯の間や奥歯、歯周ポケットにも入り込んで歯垢を除去してくれるんです。

 

一度口に入ってしまったミュータンス菌を完全に除去することは難しいです。

 

ですが、虫歯にならない様にミュータンス菌の増殖を抑えることが出来ると言う訳ですね。

 

 

ただ、BLSI M18は、非常にデリケートな善玉菌です。

 

不衛生な管理や高温多湿ですぐに死滅してしまうとか。

 

とても扱いが難しい成分なんですね。

 

 

今までは、このデリケートなBLSI M18を死滅させることなく製品化させることが難しかったです。

 

ですので、虫歯菌に効果的とわかっていても、市販化できなかったんです。

 

 

でも、最近になってBLSI M18を粉状にして歯磨き粉にする技術も開発されました。

 

今のところ、BLSI M18を使用している歯磨き粉はブリアン歯磨き粉だけです。

 

ブリアン歯磨き粉を使えば、BLSI M18を持っていなくても、虫歯予防をすることができます。

 

BLSI M18をもともと体内にもっていなくても、ブリアン歯磨き粉を使えば大丈夫ですね。

 

虫歯菌を除去することができます。