虫歯菌(ミュータンス菌)に感染するともうダメ?ブリアン歯磨き粉なら・・・。

「キチンと歯を磨いているつもりなのに、虫歯が出来てしまう。」
「子供が繰り返し虫歯になってしまって心配。」

 

そんな悩みをお持ちのママやパパは、少なくないですよね。

 

一度、なぜ虫歯が出来るのかを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

原因が判れば、対処方法がわかりますよ。

 

諦めなくてもいいかもしれません。

 

 

どうして虫歯になるの?虫歯菌ってなに?

 

虫歯の原因は虫歯菌にあります。

 

一言で「虫歯菌」と言いますが、実は種類があります。

 

虫歯菌の中で、一番代表的な菌は「ミュータンス菌」といいます。

 

 

ミュータンス菌は口、内の糖分を分解して「グルカン」と言う物質を作ります。

 

グルカンは、ネバネバしていて歯の表面に張り付きます。

 

この「グルカン」にミュータンス菌や、他の色々な菌が住み着くと、いわゆる「プラーク」が出来ます。

 

プラーク内のミュータント菌は、食べ残した糖分を取り込み、酸を吐き出します。

 

この酸が歯を溶かしてしまうのです。

 

これが、虫歯なんですね。

 

 

ところで、
「生まれたばかりの赤ちゃんの口には、虫歯菌がいない。」
と聞いた事はないでしょうか?

 

 

これは本当なんですよ。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口にはミュータンス菌がいません。

 

つまり、虫歯菌がいないので、虫歯にはならないんですね。

 

 

「でも、うちの子は虫歯になってしまったよ?」
と思いますよね。

 

赤ちゃんは、成長の過程でミュータンス菌に感染している事が多いです。

 

 

どうやって感染するのか?

 

 

それは、唾液による感染です。

 

愛しい我が子にキスをする事は多いですよね。

 

そのキスで赤ちゃんは、ミュータンス菌に感染しているかもしれません。

 

他にも、お母さんお父さんが食べているものをお裾分けしてもらう時、同じスプーンや箸を使ったりする事も多いですよね。

 

このお裾分けでも、ミュータンス菌に感染しているかも知れません。

 

 

感染経路は多くあります。

 

赤ちゃん、子どもを、完全にミュータンス菌から遠ざけることは難しそうですよね。

 

 

ミュータンス菌に感染してしまったのだから、もう虫歯を予防することができないのでしょうか?

 

 

そんなことはないんですよ。

 

 

虫歯を作るためには、ミュータンス菌は一定の量まで増殖する必要があります。

 

 

ミュータンス菌が増殖しない様にすれば、虫歯を予防することが出来るんですね。

 

虫歯予防のキーワードは、フッ素・キシリトール・歯のクリーニングです。

 

フッ素はミュータンス菌の活動を抑えます。

 

さらに歯を強化したり、溶け出したカルシウムを歯の表面に戻す「再活性化」を促進したりします。

 

 

キシリトールもミュータンス菌の働きを抑えます。

 

キシリトール入りガムを噛めば、唾液も分泌され口内の酸が中和されますが、これも虫歯予防には効果的です。

 

そして、歯のクリーニング。
ミュータンス菌の温床であるプラークを日々の歯磨きだけで十分落とす事は難しいです。

 

ですので、定期的な歯のクリーニングを行うことは虫歯予防に効果がありますよ。

 

 

また、歯磨き粉をBLSI M18を使用したものに変更するのもおすすめです。

 

 

BLSI M18は、虫歯菌を除去する働きをもつ成分です。

 

フッ素やキシリトールでは、ミュータンス菌を除去することはできません。

 

しかし、BLSI M18ならミュータンス菌を除去することができます。

 

BLSI M18を使用している歯磨き粉は、ブリアン歯磨き粉しかありません。

 

 

BLSI M18はとてもデリケートな乳酸菌です。

 

歯磨き粉として、安定させる技術が今までなかったんですね。
それを可能にしたのが、ブリアン歯磨き粉です。

 

世界でも、BLSI M18を使用している歯磨き粉は、ブリアン歯磨き粉だけになっています。